動物の魂は霊界へ行くの

みなさん、こんにちは、ペットを飼われている方も

多いと思いますが、今日は動物の魂について、

説明したいと思います。

私も、動物全般は大好きで、ペットとして、飼ったこともあります。

もう亡くなってしまいましたが、飼われている人にとっては、

本当に家族同然ですよね。

私もついつい、甘やかしてしまいましたが、

動物から学ぶ事も多く、本当に命の大切さや愛や、

純粋な心を知るきっかけになったと思っています。

 

まず、人間は、神様によって永遠の存在(魂)として、

生き続けるように造られました。

なので、個人の意識がなくなるようなことはありません。

動物はこの点で、根本的に異なっています。

動物には人間のような霊体はありませんので・・・

したがって動物は死とともに存在が消滅することになります。

霊界で永遠に生き続けることは出来ないとされています。

ただし、人間と愛情関係のあった動物については、

死後しばらくの間は地上での形態を維持し、

主人(飼い主)が霊界に来る時を待つことになります。

 

地上にいる無数の生命体の中で、人間のみが神様を感じる事が

出来るように、高度な知性を与えられています。

動物にもある程度の知性はありますが、

それは本能の領域に限定されていて、

神様を理解するという高次元の能力は持っていません。

動物の意識は常に本能の枠内にあって、

その本能は法則によって支配されています。

そのため動物には本当の意味での自由はないんですよね。

なので動物は、人間のように自由意志に基づく

因果律の適用を受けることはありません。

人間のみが自由意志を持ち、自らの行為に対して

責任を取らなければならないんですよね。

スポンサードリンク

 

 

人間のみが神様を感じる事ができると書きましたが、

このことは、神様の代理者として他の命に愛を与える使命がある

ということを意味しています。

人間は知性ゆえに動植物を一方的に支配する力を持っていますが、

それは、愛を用いて動植物を支配するようにとの

神様の意図があるんですよね。

人間は神の代理者として、動植物を愛し、愛を与えなければなりません。

それによって動植物の霊的進化を促すという使命を果たし、

地球上全体を愛と調和に富んだ環境にする事が、

神様が望むことなのかもしれませんね。

地上の全生命体(動植物)は、人間から愛された分だけ

霊的に進化するようになります。

人間から愛されることによって神の愛を間接的に受けるんですよね。

人間は動植物を愛することで、その動植物から愛されるようになり、

喜びを得ることになり愛のサイクルをつくり出すことで、

地球上に愛の世界が広がっていくことになります。

人間と動物は、お互いの霊的成長に重要な関わりを持っているので、

ともに協力し合って進化するという運命なのかもしれませんね。

なので、動物虐待などで命を奪うことは、殺人と同じ事なんです。

なので、動物実験や、狩猟なども霊的視点から見れば、

罪なのかもしれませんね。

 

でも、人間は、動物の肉を食料にしていますが、

本来なら、食料を得る方法は他にいくらでもあるんですよね。

家畜用のエサになっている穀物を人間に回せば、

地球上の飢えの問題は解決しますし、

地上の人間の誰ひとり飢えることがないだけのものを、

神は、常に大地から与えてくれていますので・・・

 

実際に私が行かせていただいているお寺の住職様は、

お肉は一切食べません。

私は、食べてしまいますけどね。。。

 

前に触れましたが、人間から愛を受けた動物は、

肉体の死後も、しばらくは幽質の形態を維持することになります。

そしてその姿で、飼い主が幽界に入ってくるまで待ち続けます。

飼い主のそばで見守る存在になるんですよね。

他界した飼い主は、生前かわいがっていた動物の出迎えを受ける中で、

自分が死んだことに気がつくようになります。

このようにして地上で動物(ペット)を大切にしていた人は、

死後、愛するペットとの再会を果たし、少しの間、

ともに生活をするようになるのです。

スポンサードリンク

もしペットのように人間の愛を受けることのなかった

動物の場合は、死とともに、動物の集合魂と呼ばれる

同種類の動物の生命素の集合体の中に吸収されて

個性を失うようになります。

したがって動物との死後の再会は、飼い主の愛ひとつにかかっています。

死後も生前の形態を維持できるかどうかは、

ひとえに人間の愛によって決められるんですよね。

でも、関係はいつまでも続くわけではなく、

人間が幽界の生活に慣れ、霊的意識に目覚めて

霊的進歩の道を歩み始めるようになると、

動物への愛も自然と薄らいでいきます。

それにともない幽質の形態は分解して、

生命素は集合魂の中に吸収されていきます。

 

動物の生まれ変わりについてですが、

残念ですが、生まれ変わりはなく、

人間は人間にしか、生まれ変われないので、

前世が犬や猫や虫などと言う霊能者がいたら、

嘘だと思ってくださいね。

ちなみに、話は変わりますが、私が飼ってた犬が亡くなって、

2~3日家においたんですけど、

3日目に火葬するとき、最後に、犬への感謝で、

人間と同様にすぐそばで、供養のお経をあげたんです。

そしたら、一度だけ、ワンって吠えたので、

生き返ったと思い、驚いてみんなを呼びにいきました。

でも、みんなが来た時には、吠えなかったので、

きっと、最後にありがとうって言ってくれたんだなぁ~

と今でも思っています。

動物は本当に人間に良くされたことも、

悪くされたことも覚えていますので、

どんな命でも、大切にしてほしいと思います。

 

今では、動物専用の慰霊塔もありますし、

人間と同様の供養をするお寺もあります。

私が行かせて頂いているお寺の住職様は、

動物とも、話せますしね。

それでは、みなさん、すべては因果応報ですので、

愛を与えれば、必ず、喜びとなり、自分に戻ってきますので、

たくさんの動物に愛を届けましょうね。

スポンサードリンク

 

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)