お稲荷様の祟りはあるのか

みなさん、今日は、お稲荷様(稲荷神)について、書きたいと思います。

基本的にお稲荷さんは、京都にある、伏見稲荷大社が、総本社となっていて、

そちらから御分霊という形で各地に勧請(かんじょう)されたもの

となっています。

この勧請という言葉は、仏教でも、使いますが、

神仏の分霊を他の場所に移しまつることを意味しています。

普通の神社だと、ある程度の敷地に、村の守り神や、地域の守り神として

勧請されることが多いのですが、稲荷神社に関しては、

食物・農業・殖産興業・商業・屋敷・商売繁盛という

現世利益が強いこともあり、

個人の敷地に社が祀られている事もありますし、

家の中に社が祀られている場合もあります。

お稲荷さんというと、狐のイメージが強いかもしれませんが、

あくまでも狐は、神様のお使いであり、お稲荷さん自体ではないんですよね。

私の会社でも、豊受稲荷大善神が祀られていますが・・・

伏見稲荷大社の主祭神は、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)であり、

こちらの神様がお稲荷さんということになります。

宇迦之御魂神は、食物の神様であり、稲作を司ることから、

現在でも伏見稲荷大社には御神田が存在しており、

儀式として毎年のように田植えや稲刈りが行われています。

ただし、厳密にいうとお稲荷さん、すなわち稲荷大神というのは、

宇迦之御魂神だけでなく、田中大神(たなかのおおかみ)、

佐田彦大神(さたひこおおかみ)大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)

四大神(しのおおかみ)と稲荷五社大明神の事を表しているんですよね。

宇迦之御魂大神が、稲荷神様の筆頭であり、

スサノオの子、あるいはイザナギ、イザナミの子とも言われています。

この部分は、古事記と日本書記での記され方が違うので、

定かではありませんが・・・

 

調べてみると、奥の深い神様ですが、実は稲荷という名前をもっていながらも、

まったく別の存在を祀っているところもあります。

愛知県にある豊川稲荷は全国にあるお稲荷さんの中でも、

有名な場所で、こちらは神社ではなくお寺なんですよね。

神社ではないので、宇迦之御魂神や稲荷大神は祀っていません。

こちらのお寺で、祀っている稲荷とは、インドの神様、

荼枳尼天(だきにてん)なんですよね。

この荼枳尼天は、女神なんですけど、人間の肉を食べるといわれている

ちょっと怖い神様です。

でも、荼枳尼天に祈りを捧げることで、神通力を得ることができたり、

現世利益を得ることが出来るとして人気を得ました。

お稲荷さんと同一視された理由は、神使いの白い狐にあるんですよね。

荼枳尼天は、白い狐にまたがっているので、日本の神道の

稲荷信仰と習合し、現在も残っていますが、

よく、祟りがあるというのは、神様ではなく、神様の眷属として、

使えている狐が、見返りを求める為なんですよね。

 

それと、お稲荷様にも、神道系と仏教系があるので、

祀っている方は、どこでご神体をうけたのか、ちゃんと把握して

おいたほうがいいと思いますよ。

やっぱり、見返りを求めるくらいの、力のある、神様なので、

きちんと、祀って、感謝をすることが大切だと思います。

 

スポンサードリンク

お稲荷様を自宅で祀る場合は、

 

ご神体は、天照(アマテラス)よりも、

上になります。(右が上です)

社も別になるので、気をつけて下さい。

お供えは水、塩、お米を供えます。

水は毎日で、塩とお米は、月に2回でいいと思います。

それと年に数回、油揚げなど、袋にいれたまま、あげて下さいね。

お稲荷様は、本来、山の神様なんで、油揚げじゃないんですが、

眷属として、白い狐をつかうので、油揚げを、お供えします。

本当に、目に見える事を起こすくらい、力のある神様なので、

移動や撤去についても、きちんと、お祓いをしたうえで、

行ってほしいと思います。

それと、よく、お稲荷様を祀ってある家では、

犬や猫を飼ってはいけないと言いますが、

これは、買っているペットが、祀ってある場所に、いたずらを

しなければ、問題はないので、安心してほしいと思います。

朽ち果てた、社をみつけても、触らぬ神に祟りなしですよ。

 

余談ですが、ネットでは、新歌舞伎座ビル建築中に起きた

歌舞伎名優5人死亡はお稲荷さんの祟りなんて噂もありますが、

これを見ると、建て替え工事が始まったのは、2010年10月で、

この2年余りの間に中村富十郎、中村芝翫、中村雀右衛門と3人の

人間国宝が亡くなり、昨年12月には、千両役者の中村勘三郎が急逝。

そして市川団十郎の死と、本当に、歌舞伎業界に良い事がありません。

ほかにも海老蔵が暴行を受け、染五郎が舞台の奈落に落ちるなど、

ありましたが、お稲荷様も、無事に、祀ったみたいですし、

しっかり、お祓いをされての事だと思うので、偶然だと思いますけど、

それよりも、それぞれの歌舞伎役者の昔からの、因縁のようなものだと

個人的には、思いますが・・・

その事については、また、後ほど、記事にしたいと思います。

 

スポンサードリンク

“お稲荷様の祟りはあるのか” への2件の返信

  1. 愛知県に住んで豊川稲荷へも行った事があるのに初めて知ることばかりです.
    歌舞伎界の事…偶然とは思えないです
    狐が祀られていると少し怖い感じがしますが それ程 力の強い神様なんですね…
    とっても勉強になりました(*¨*)

    1. mayさん、コメントを頂きまして、本当にありがとうございます。m(_ _)m
      お稲荷さまは、きちんとお祀りしていれば、全然大丈夫なんですけどね。(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)