六星占術は当たるの?

みなさん、今日は、有名な六星占術について、説明したいと思います。

細木数子さんが、独自に作られた、占いとされていますが、

六星占術の元は、中国陰陽五行を土台とした運命学として、

算命学の天中殺理論がありました。

その後、2年の天中殺に1年増やした運命学の集大成として、0学があります。

この0学を継承した、日本の神熙玲(じんきれい)が、独自の理論を導き出し、

この理論を、盗んだとされるのが、細木数子さんです。

でも、ここまで、浸透したのは、彼女の努力の賜なのでしょうけどね。

ちなみに、算命学と四柱推命は、算命学の方が歴史は古いです。

四柱推命とは、中国で算命学が発達したものと言えますが、

算命学から四柱推命が生まれてくる歴史と、算命学から0学や、

六星占術にいたる歴史は、全く別物なんですよね。

この辺が、少しややこしいんですけど・・・

六星占術ですが、その名の通り、生年月日から、その人の運勢を、

6種類にわけて、占う方法なんですけど、これの元は、九星気学なんですよね。

九星気学は、すこしハードルが高いので、わかりやすくする為に、

細木さんが、構築した占いの方法だと、思います。

基本、火星人、水星人、木星人、金星人、土星人、天王星人、

+と-にわかれます。

私も本を買って勉強しましたが、+の人は当たっているところも

あると思いますが、-の人には、当たってないと思うところもあると思います。

これは、六星占術の+と-が、陽と陰を表していて、

その運命星のもつ性格・特質・運気が、強く表面にあらわれるのが陽(+)で、

弱く表れるのが、陰(-)となっているためなんですよね。

なんか、まだまだ、不完全な占いのような気もしますが・・・

それと、霊合星などもあり、+-でややこしくなりますしね。

でも運気の流れは九星気学が、もとなので、運気の流れをつかむには、

いい占いと言えます。

 

ここで、ご自身が何星人か割り出すための方法を、載せたいと思います。

まず、自分の生年月日を見て、下の表から、運命数をみます。

昭和生まれの方はこちらで、

 

平成生まれはこちらです。

たとえば、細木数子さん、1938年(昭和13年)4月4日生まれの場合、

運命数は、60になります。

この運命数から、1をひいて、生まれた日にちを足しますので、

60-1+4で、63になります。

合計が61以上の人は、ここから、60をひくので、

63-60=3となり、星数1~10の「土星人」になるんですよね。

星数11~20 は「金星人」  星数21~30 は「火星人」
星数31~40 は「天王星人」 星数41~50 は「木星人」
星数51~60 は 「水星人」となります。

 +と-は、干支で見るんですけど、

子 ⇒ (+)丑 ⇒ (-)寅 ⇒ (+)卯 ⇒ (-)辰 ⇒ (+)巳 ⇒ (-)
午 ⇒ (+)未 ⇒ (-)申 ⇒ (+)酉 ⇒ (-)戌 ⇒ (+)亥 ⇒ (-)になるので、

細木数子さんは、寅なので、土星人の+になるんですよね。

ちなみに、土星人の+の2017年は、陰影になります。

運勢は、12通りで、表しますが、これは、参考にしていいと思います。

スポンサードリンク

ちなみに、今年2017年は、

 

土星人(+)が陰影(大殺界)  土星人(-)が安定  

金星人(+)が減退(大殺界)  金星人(-)が停止(大殺界)  

天王星人(+)が健弱      天王星人(-)が立花  

水星人(+)が財成       水星人(-)が再会  

木星人(+)が乱気       木星人(-)が達成  

火星人(+)が緑生       火星人(-)が種子になります。

☆下の順番で運勢も変わるので、2017年が種子の人は、

2018年は、緑生になります。

 

<種子+4>―12年間の運命周期がはじまります。総合的に、自分の運命がよい方向に回転をはじめる時期、物事を開始する時期と考えてください。結婚、就職、引っ越しなどによい時期です。この時期に知り合った人は、将来あなたにとって大事な人になります。新しく商売をはじめたりすると、将来、経済的に大きな実りが期待できるでしょう。

<緑生+2>―大地にまかれた種が芽吹き、根をはり、グングン成長する時期です。愛情運も高まり、この時期にあらわれた異性は、ほぼ本物と見ていいでしょう。財運、仕事運ともによし。ただし、この芽はまだひ弱なため、ちょっとした環境の変化で、ポキッと折れてしまうこともあります。油断していると、大きな落とし穴にはまってしまう危険もあるので、慎重な行動を心がけましょう。

<立花+4>―今後の基本的な方向を決定づける重要な時期です。この時期に成し遂げたことは、生涯、不動のものになります。とくに経済的には、この時期に得たものは、生涯、あなたが財運に恵まれる要素となります。ただし、ほかの運気と重なると、その運気をより強烈にする働きがあるので、”殺界”と重なったときは要注意です。

<健弱-4>―”小殺界”です。しかし、まだ決定的なものではありません。<種子>からの成長でたまった”運気のウミ”を出す時期です。とくに肉体面にはっきりとあらわれてくるのが特徴です。病気やケガに注意しましょう。また、経済面、愛情面でも無理な行動はやめ、冷静に、自分や周囲をかえりみる小休止の時期です。

<達成+10>―文字どおり、自分の望みがかない、目的が達成されるという強運気です。<立花>で果たせなかったことは、この時期に完成させるといいのです。運気は最高潮に達しているので、愛情運、家庭運ともに充実します。経済的にも好調で、収穫するほどの実りといった感じではないものの、何をやっても楽しい時期です。

<乱気-6>―”中殺界”です。<健弱>で肉体的な”運気のウミ”を出したのに対し、こんどは五年間たまった精神的な”運気のウミ”を出す時期です。働き詰めできた人は、ここでひと休みしましょう。新たに事をはじめようとしても空回りするだけなので、現状維持を心がけてください。もちろん結婚はいけません。身内に不幸が起きるといったような、精神的なダメージを受けることの多い時期です。

<再会+6>―結婚、就職、転職、開業、引っ越しなど、すべてにおいて新しく事を仕掛けるチャンスが再度到来しました。愛情面でもやり直すよい時期です。人との出会いに幸運のカギがあります。また、前年に起きたトラブルも、この時期に働きかければ、以前よりよい状態に改善できます。

<財成+4>―収穫の時期です。とくに財運は強く、やることすべてがお金になり、何をしても成功に結びつきます。12年に一度だけ訪れる蓄財の年なので、大いに稼ぎまくってください。ただ、大切な人との別れが生じる可能性があります。財を得たら、何か人のため、世のためになることに遣うことで愛情運が上昇します。

<安定+6>―すべての成果を勝ちとり、人生の果実を味わう時期です。ここでは、新たに事を起こそうなどと考えず、優雅に充実した生活を送るように心がけましょう。がむしゃらに押しまくることはやめて、これまでの八年間の人生を静かに振り返り、次にくる”人生の冬”に備えることです。

<陰影-8>―冬の到来、”大殺界”です。運気がただひたすら下降します。周囲の人に対するものの見方が歪み、それが原因で判断をあやまったり、大きな錯覚におちいったりしがちです。あなたの周りでも、あなたを不安におとしいれるような心配ごとが相次いだり、判断に苦しむような得体の知れない出来事が起こるのも特徴です。

<停止-10>―”大殺界”の、ど真ん中、まさに八方ふさがりといった言葉がぴったりの状況です。だれもあなたの言うことに耳を傾けてくれません。だからといって、自分ひとりで行動すると大きなミスを犯し、周囲に大きなダメージを与えたり、他人の信用を損ねたりします。何に対しても新たな成果は期待できません。愛情面はトラブルだらけ、離婚の危機も訪れます。ただおとなしく耐える時期です。

<減退-8>―”大殺界”のラストです。多少、運気が上昇に向かっていきますから、何となく気分は明るくなります。しかし、油断は禁物です。自分が信頼していた人に裏切られたり、身内や愛している人が突然亡くなったりと、取り返しのつかないことが起こりやすい時期です。そして、とかく悪い運気が自分の内側へ内側へと向かってくるので、心の病気におかされやすいのもこの時期です。金銭的には、まさに”悪銭身につかず”なので、余分なお金は周囲の人のために活用してください。ここで金銭を惜しんでいると、運気はさらにマイナスになり、翌年訪れる<種子>の運気まで損なう恐れがあります。

これとは別に二つの星が混ざり合った、霊合星人という人もいます。

この霊合星人は、停止の時に生まれている人で、良い時と悪い時の差が激しく、

寿命も正直、長い方ではありませんし、複雑な性格の持ち主になります。

女性の場合は、結婚することで、相手の運気になるので、

運勢も変わりますけどね。

ちなみに、霊合星人の人は、

水星人+で子(ね)年生まれの人  水星人-で丑(うし)年生まれの人

木星人+で寅(とら)年生まれの人 木星人-で卯(う)年生まれの人

天王星人+で辰(たつ)年生まれの人 天王星人-で巳(み)年生まれの人

火星人+で午(うま)年生まれの人 火星人-で未(ひつじ)年生まれの人

金星人+で申(さる)年生まれの人 金星人-で酉(とり)年生まれの人

土星人+で戌(いぬ)年生まれの人 土星人-で亥(い)年生まれの人になります。

 

霊合星人は、2つの運気が混ざり合うので、2つの運気で見ます。

停止の時は、反対が達成で、-10+10=0

減退の時は、反対が乱気で、-8-6=-14

種子の時は、反対が再会で、+4+6=+10

緑生の時は、反対が財政で、+2+4=+6

立花の時は、反対が安定で、+4+6=+10

健弱の時は、反対が陰影で、-4-8=-12になります。

これで見ても、わかるように、運気の波が激しいですよね。

でも、全体的にみると、結局は、普通の星でも、霊合星でも、

長い一生で見ると、同じなのかもしれませんね。

 

六星占術は、一年のリズムを知るためには、とても分かりやすいと思いますし、

誰でも、気軽に、参考にすることが出来ると思います。

ただし、いろいろな角度から見る事も必要なので、

九星気学や、姓名判断、手相、人相など、他のものと組み合わせる事で、

より、個人の運勢が、深くわかると思います。

それでは、みなさんが少しでも、開運に導かれますように・・・

スポンサードリンク

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)