結婚や妊娠で開運するために大切なのは

今日は結婚について、お話したいと思います。

まず結婚によって運勢が変わるのは、圧倒的に女性の方です。

男性も環境が変わるので、多少は変わりますが・・・

女性のほうは、今までの名字がかわり、名前の総画が変わってしまう事で、

運勢も変わりますし、それと新しい生命(子供)を出産すると変わります。

よく昔の人は、母親の厄年に生まれた子供は、将来、母親の助けになるとか、

言われてきましたが、まさにそのとおりなんですよね。

つらい母親の運命を知って生まれてるので、

母親を本能的に助ける存在になります。

あと結婚には縁があるのですが、縁をつくっているのも、自分のご先祖様で、

自分のルーツ(過去)を大切にしないと、未来はありません。

 

なので、美人だからとかイケメンだからとか、関係なく、

自分に相応の人としか、縁は生まれませんし、自分が成長するための

ご縁なんですよね。

常日頃から、自分の心の部分を磨ければ、磨かれた人との縁も生まれます。

あとお婿さんをだした家は、栄えます。

なぜなら、相手の家の血筋を残すという徳を積み、

相手のご先祖様に感謝をされるので・・・

でも自分の家に後継ぎがなくて婿にいくのは、だめですけどね

 

あとよく、離婚して実家に帰るお嫁さんがいますが、

少しでも離れて住まないと、実家に、よくない事が起こるんですよね。

これは、相手の念を持ち帰ってしまう事と、

ご自身の両親の環境を変えてしまうのも

原因だと思いますけどね。

 

それと離婚した女性が、男の子をつれてくと、相手のご先祖様は

後継ぎを、とられたと思い、その子は幸せにはなれません。

すべては、因果応報なんですよね。

出会う時期に出会って結婚していれば、問題がないんですけど、

本当に暦は大事で、それによって、別れる夫婦も、本当にたくさんいます。

大抵の人は暦の中で、六輝(大安、友引、赤口、先勝、先負、仏滅

で見ると思いますが、六輝は明治以降にわかりやすく暦につけただけなので、

厳密には、九星、十二支、十二直、二十七宿(二十八宿)でみるのが、

最良だと思います。

 

仏教発祥のインドでは二十七宿、中国に渡り儒教の国の二十八宿、

日本で配られている暦は二十八宿

ですが、私は月の周期の事もあり二十七宿でみています。

暦では、良い日に付き合って、恋愛して、結婚出来れば、最良なんですよね。

種をまく時期にまいて、芽が出て、花が咲くように、恋愛も結婚も

暦を見る事で、うまくいきますので、気を付けて見るように心がけたいですね。

結婚に関してや妊娠に関しては、今までも、ご相談があり、

その時に、メールをさせて頂いた時の内容ですが、

スポンサードリンク

妊娠で大切なのは産み月

 

妊娠についてですが、医学的には35歳以上は高齢出産になり、

障害をもって生まれる子の割合が、多いといわれております。

女性の高齢出産化は、非常に大きな問題になっていると思いますが

これは、社会にも、問題があると思いますが、

社会への女性進出だけではなく、男性の妊娠に対する

知識のなさも大きいと思います。

女性の出産には、とてつもなく、体力や精神力をつかいます。

まさに命がけです。

でも男性には期限がなく年をとっても、妊娠させることが出来るので、

子供が出来ないのは、女性ばかり悪く言われて、

頭にくる時があります。

男性ももう少し女性のからだの仕組みを勉強し協力をすることも

大切なんですよね。

それと最近では出来ないのは男性の精子の数の減少とも

言われているので、男性も診察してみるのも一つの女性に対する、

思いやりだと思うのですが・・・

 

妊娠で一番、気をつけなければならないのが、産み月というものがあり、

絶対に産んじゃいけない月があります。(出産に難がでます)

人によってこの月は違うので、知っているだけで、役立つと思います。

それと、妊娠しやすい年や月もあります。

ほとんど、この年や月で妊娠出来ない場合、

普段の生活習慣や身体が原因なので、

きちんと医療機関で見てもらったほうがいいと思います。

 

実際に、私もたくさんの方にアドバイスをし、命名までさせて頂きましたが・・・

本当に子供は日本の希望、未来、子にすぎたる財(たから)なし

といったところです。

それと、この世に無駄な命などないということを、皆さんにわかってほしいと、

思います。大人の都合で水子になる魂もあるので・・・

スポンサードリンク

ここで私の親戚におこった、出来事を伝えたいと思います。

前の旦那がどうしようもなくて、妊娠したまま別れ、お腹の子は死産。

それで次の相手をみつけ、まわりも本人も、子持ちじゃないから

良かった良かったと死産を喜ぶような発言。

新しい旦那と自分の子、長男が二十歳すぎて自殺。もちろんすごく悲しんで、

私もお葬式にいきました。

でも本当は一言、最初の子の時にもこのぐらい悲しんだのか?

といいたかったです。 どちらも同じ命です。

 

今は、バツイチの娘と定年退職した旦那と、農業をやっています。

死産の子のお墓をつくらず、供養もしないので、

自分の長男が亡くなり結局、お墓を作らざるおえない

状況になってしまいました。

生まれてくる子供に罪はないんですよね。

その子の運勢は見てませんが、芸能人など、自殺者などの運勢を

みると、ある共通点がわかり、自殺をしやすい年、

月がそれぞれあるということ。

でもどんな占いでもその人の死を断言できるものではありません。

なぜなら日々運勢が変わるように、寿命も日々変わるからです。

 

結婚や出産の時期は、本当に大切なので、何か、気になる事がありましたら、

お気軽にお問合せをして頂ければと思います。

わかる範囲で、お答えしたいと思いますので・・・

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)