死が近い人に起こる現象とは

みなさん、こんにちは、今日は、死が近い人に起こる現象

すなわち、命の終わりについて書きたいと思います。

人間誰でも、生まれた時点で、死に向かって、

生きることになりますが、人間の寿命は、

ある程度、生まれた時点で、決まっていると言われています。

突発的な事故などで亡くなる場合もありますが、

このような場合は、人の死は、

その時の運気や方罪で変わることもあるので、

突発的な死に関しては、生まれ持っての寿命では

ないような気がします。

 

ただ、自分の運勢を知ることで、気を付けることもできますし、

神仏とのご縁や、密教による特別なご祈祷で、

寿命を延ばすことも出来るんですよね。

 

実際に、私の母親が、昔、有名な方に

父親の寿命を言われていて、

数十年後に言われた年齢で脳梗塞になり、

ほぼ寝たきりになりましたが、

その時、別のご縁で知り合うことができた、

有名なお坊さんにご祈祷してもらい、

回復をし、その後、数回脳梗塞になりながらも、

母親より、長生きしました。

 

最後は、母親がいなくなったことで、

弱っていき、生きる気力もなくなり、

亡くなってしまいましたけど・・・

今では、一生懸命供養することが、

残された使命と感じています。

スポンサードリンク

 

 

突然死についてですが、私が子供の頃に

近所で遊んだことがある方が、

この間、突然死をしてしまい、

本当にショックを受けました。

 

仕事中、営業先で、突然調子が悪くなり、

吐いたりしたそうで、

病院に言ったら、胃腸の薬を出され、

嫁にも、寝てれば治るんじゃないと言われ、

こたつで寝て、朝見たら、冷たくなっていたそうです。

 

病院で詳しく調べていれば、心臓が

原因だとわかったんでしょうけど、

実際、40代で、まだ、多少は無理がきく年齢なので、

自分自身でも、寝てれば治ると思ったんでしょうね。

その方のお母さまとも、この間話をさせて頂きましたが、

まだ、学生の子供さんがいるので、本当にお気の毒です。

数年前に偶然あって挨拶をした程度でしたが、

心が痛みます。

 

ちなみに、その方の星の位置は、中宮でしたので、

症状があらわれて、我慢してしまい、

悪化し、どうしようもできない

八方塞がりになってしまったと思いますが・・・

数年前の話ですが、私の親戚でも、生まれつき、

心臓が悪く、大人になっても、

薬を服用してましたが、長年の副作用で、

脳の血管が弱くなり、50代で、くも膜下出血で、

亡くなってしまった方がいました。

救急車の中での出来事だったので、

本当にもう少し処置が早ければと、

残されたご家族は、悔やんでも悔やんでも

悔やみきれなかったと思います。

お葬式にも行かせて頂きましたが、

本当になんとも言葉が出てきませんでした。

 

突然死は、想像もつかないものなので、

ご本人も、深く考えてないとおもいますが、

基本、人が亡くなる前には、自分自身でも

死期を感じることが多いようで、

周りの人も感じられるような、

様々な現象が前兆で現れるそうです。

 

ここで、その前兆を説明したいと思います。

まず、よく聞くのが、死ぬ前に挨拶をしにくるという現象ですが、

病院に入院していた、おじいちゃんが、急に家にやってきたと思ったら、

数時間後に電話が来て、亡くなられましたと伝えられたなど・・・

これは、ご本人には、そのような意識はなくても、

魂が半分ぬけて、生霊になって、挨拶をしに行ってるんだと思います。

やっぱり、お世話になった人などに知らせるんでしょうね、

実際、そういう時には、お線香のにおいで

知らせたりもするんですよね。

 

私も、50年近く、会社で働いて頂いた、従業員の方が、

定年退職をされ、亡くなられたときに、会社で、

お線香のにおいを強烈に感じ、不幸が起こったと

周りに伝えたことがあります。

スポンサードリンク

 

それと、音で、知らせる場合もあり、男性の場合は、

トイレで音がしたり、女性の場合は、

台所で、音がしたりなどの報告もあります。

水が突然流れたり、音が鳴ったり・・・

音のことは、ラップ音といいますよね。

なので、昔の人は、水回りを、外につくったり、

悪い気が来る方角に、トイレや台所を作り、

悪い気を流すようにしたんでしょうね。

 

他の現象では、私の知り合いの僧侶の方は、

オーラが見えるんですけど、死期が近い人は、

黒い煙のようなオーラに包まれているそうです。

黒い影を見かける人もいると思いますけど・・・

 

それと、顔に死相が現れる場合もあり、この場合は、

顔がはっきり見えなくなるそうです。

ぼやけたり、二重に見えたり・・・

他にも私の父もなんですが、お迎え現象といって、

その人しか見えない現象が起こるそうで

私の父は、亡くなる前に、突然、

お金を持ってきてほしいと言いました。

何故か聞くと、川の前で、たくさんの人が、船に乗るために

お金を払っていたそうで、自分は、お金がないから、

戻ってきたといったんですよね。

その時、まさに、三途の川だと思いました。

なので、ひつぎには、紙に書いたお金を入れてあげました。

 

東日本大震災の年に亡くなった母親は、

まさに、立つ鳥跡を濁さずで、

身辺整理をして、亡くなる前日まで、

仕事をしてたんですよね。

実際本人も仕事場で死ぬことを

望んでいたと思いますし、

最後の気力だけで、ガンと向き合ってました。

私も、いずれ、あの世に行くと思いますが、

少しでも、両親に誇れるように、生きたいと思います。

 

他に亡くなる予兆として、死臭がしたり、

手をじっと見つめる人もいるようです。

この時には、手相も変わるそうですよ。

前にも書きましたが、手相は、線によっては、

3か月で、変わるので、私は、手相も見ますが

あまり、重点を置いてません。

でも、参考程度には見ますけどね。

 

今まで、死の予兆を説明してきましたが、

個人的には、私は、死は怖いものではなく、

この世の卒業と考えてるので、天命を全うできるように、

悔いのない生き方をしていきたいものです。

 

自ら、命を絶つ人も現実にいますが、必ず死んで楽にはなれませんし、

あの世で苦しむだけですので、様々な人に相談をして、

解決方法を見つけて頂きたいと思います。

災害によって死にたくない人々が

沢山亡くなられた事もありますし、

必ず、無駄な命はないですし、生きる意味もありますので・・・

 

それでは、少しでも、皆様のご参考になりますように、

そして、皆様のたった一つの大切な命に合掌

スポンサードリンク

 

 

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)