血液型占いで性格はわからない

みなさん、今日は、血液型について、お話したいと思います。

日本では、昔から、血液型で、その人の事を占ったり

性格を見たりする風習がありほとんどの人は、

自分の血液型を知っていると思います。

 

意外と、外国では、自分の血液型を知らない人も多く、

血液型にこだわる日本人を不思議だと思うんですよね。

でも、自分の血液型を知ることは、輸血の時には、大切なので、

知っている事は、いい事だと、個人的には思っています。

ただ、この血液型で、その人を決めつけたり、差別するようなことは、

あってはいけない事だと思いますけどね。

 

さて、血液型について、詳しく、説明しますと、遺伝していくもので、

20数種類の血液型分類法があり、そのうちで一般に知られていて、

大きく影響するのがABO式とRh式です。

日本で血液型というと、一般にはこのABO式をさしています。

実はO型は(おー型)ではなくて、(ゼロ型)なんですよね。

つまり、型がないということで、他の血液型の人に輸血できるのは、

型がないからなんですよね。

 

血液型は、A物質とB物質から決定されていて、両方持っている人が

AB型になります。したがって、A型の人にはB型に対する抗体が

ありますから、B型の血液は輸血できません。

この血液型ですが、世界でも、それぞれ、特徴があります。

 

一番少ないのは、AB型ですが、

日本では、Aが38% Oが31% Bが22% ABが9%になりますが、

このA型O型の割合が多いのが、アメリカ、カナダ、ヨーロッパになります。

AとOを合わせると、80%を超えるので・・・

オーストラリアも、同じなんですよね。

アジアや日本は、そういう意味では、偏っていないような気がします。

 

これが、中東のイラン、インド、パキスタンになると、

Bが、多くなります。

インドでは、40%以上がBなんですよね。

アフリカになると、半数がOですし、

中米や南米もほとんどがOです。

メキシコやボリビアは、80%~90%がOなんですよ~

ちなみに、ブラジルとペルーは、100%がOですけど・・・

スポンサードリンク

血液型による性格

 

血液型によって性格に傾向があるとされていますが、

一般的には、このように言われています。

A型・・・まじめで神経が細やかで慎重で几帳面な真面目タイプ

B型・・・いい加減でノリが良く、常識破りで楽天的、

考えが自由で柔軟性がある

O型・・・大雑把で大胆ですが、ロマンチストであるが

現実主義者でもあり、思い込みが激しく、保守的な面もある

AB型・・・二重人格、夢見がちで変わり者、

合理的な反面傷つきやすくツンデレ

このように、よく言われますが、これでも、その人の両親や

育った環境でも違ってくるので、血液型で、占うのは、不十分なんですよね。

 

実際に、心理学者によって、血液型で性格は、わからないと

発表されましたしね。

ただ、なんとなく、血液型で、わかる部分もあるので、

ついつい、参考にしたくなりますけど・・・

 

最後に、血液型で、生まれるお子さんの血液型を紹介したいと思います。

A型とA型の場合のお子さんは、A型84% O型16%

A型とB型の場合のお子さんは、A型26% B型23% O型17% AB型34%

A型とAB型の場合のお子さんは、A型50% B型20% AB型30%

O型とO型の場合のお子さんは、O型100%

O型とA型の場合のお子さんは、A型60% O型40%

O型とB型の場合のお子さんは、B型57% O型43%

O型とAB型の場合のお子さんは、A型50% B型50%

B型とB型の場合のお子さんは、B型81% O型19%

B型とAB型の場合のお子さんは、A型22% B型50% AB型28%

AB型とAB型の場合のお子さんは、A型25% B型25% AB型50%

 

あまり、血液型にこだわらず、お子さんは伸び伸び育ててほしいと思います。

スポンサードリンク

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)