オーブ現象とは

みなさん、今日は、オーブ現象について、書きたいと思います。

このオーブ現象とは、写真を撮影したときに、現れる、球体なんですけど、

日本では、玉響現象(たまゆらげんしょう)といいます。

小さな水滴の様な光球なので、肉眼では見えず写真でのみ確認されますが、

科学的にはフラッシュ光の空気中の微粒子による後方散乱が写り込んだものと

解釈されていますが、心霊的観点からとらえる人もいるんですよね。

 

実際に、霧雨の時に、写真を撮ると、無数のオーブが映りこむのも事実ですし、

小さい、埃や光の反射で、映り込む場合もあるんですよね。

数が多いと、水滴も考えられますが、心霊的な場所でも、

たしかに、映ります。

これは、霊的には、魂の意識体エネルギーが、球体になったと

考えられていますが、その正体は結局、いまだに不明なんですよね。

私も、実際に、オーブの写真を見てきましたが、

水滴の場合は、数も多く、球体の大きさも、一定だと思います。

 

霊的なオーブの場合は、単体で映り込む場合が多いですし、

数が多くても、球体の大きさが、一定していません。

なので、今回は、お寺での行事で、グアムに行ったときの

戦没者供養が終わり、食事をしていた時に撮った写真です。

よく見ると、大小、さまざまなオーブが、確認できると思います。

日本国のために、特攻隊になり、命を懸けて、亡くなられた、

たくさんの魂に、手を合わせたくなりますよね。

 

グアムでは、今でも、海底に、戦車などが、沈んでますし、

日本人が、追い詰められて、崖から飛び降りたとされる、

バンザイクリフもあります。

無念の思いが強い魂は、そこの場所に留まるので、

その場所での供養が、本当に大切なんですよね。

 

さて、次の写真も、お寺の行事で、原爆が落とされた、

長崎での供養の後に撮られた写真なんですけど・・・

右上に、大きなオーブが、単体で映り込んでいます。

よく見ると、その右下にも、小さいのが映っていますし、

一番奥の壁にも映っています。

スポンサードリンク

偶然と言われれば、それまでですが、

 

それでも、本当に、ご祈祷の時や、供養の時は、映り込むんですよね。

それと、結婚式なんかでも、よく映り込みます。

私の親戚で、姉と弟という二人兄弟がいたんですけど、

弟は、20代で、自殺をしてしまいました。

その後、姉が、結婚式をしたときに、見守るように、オーブが

映りこみ、その姉も、弟が、祝福してくれていると、喜んでました。

このような、素直さも、時には、必要なのかもしれませんね。

その事で、その人の人生が、前向きになり、

開運へつながるのであれば・・・

 

それと、映り込んだからといって、何か、

とり憑いているわけではないので、

安心してほしいと思います。

亡くなられた人にとって、忘れられる事が、一番寂しいと思いますし

少しでも、思い出したりして、ほしいんでしょうね。

そのための、行事が、お盆だったり、お彼岸だったり

だと、思いますしね。

戦争や災害で、亡くなられた、たくさんの魂に、合掌

スポンサードリンク

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)