現代の駆け込み寺

みなさん、こんにちは、あっという間に今年も2月ですが、

時代の流れとともに、どんどん世の中も変わってきます。

人間の心や自然は昔から、変わらないと思いますが、

人間が使うツールや情報は新しくなってきますよね。

 

私の祖父の妹はイタコをしていましたが、

今では、イタコもほとんどいません。

昔はよく困った人が頼りにする、

駆け込み寺が、全国にありましたが、今は、正直お寺の役割は、

お葬式や法事のみになっています。

 

なので、困った人が、気軽に相談できる場所がなく、

どうしても占いなどに頼ってしまうと思いますが・・・

そんな中、テレビや女性雑誌でも取り上げられている、

女性の駆け込み寺として、有名な、サンガ天城の

戸澤宗充(とざわそうじゅう)さんのことを、 書きたいと思います。

私も数年前にお寺の行事で初めてお会いして、食事をしたんですが、

とても気さくな方で、笑顔の素敵な方でした。

その後も、何度かお会いしましたけど・・・

日蓮宗の尼僧さんで、 テレビの効果もあり、かなりの女性が、

戸澤さんのところを訪れたため、 経営も大変そうでしたが・・・

 

無償で来る人を泊めてあげて、全部寄付で運営しているので

本当に普通の方じゃできないですよね。

国もこういう無償で人々を救ってる方に、

税金を使えばいいと思うんですけどね。

それでも、小料理屋を東京に開店されたり、

色々とがんばっているみたいなので、応援したいです。

私もおいしいお酒でも送ってあげたいんですけどね。

 

今年80歳になる戸澤さんですが、実は、昔ご結婚されていて、

ご主人と二人のお子さんがいらっしゃったそうです。

ご主人はキリスト教の一派、モルモン教徒だったんですが、

戸澤さんが33歳でお子さんが小さい時に

交通事故で亡くなられました。

戸澤さんは二人のお子さんを抱えながら、失意に打ちひしがれ、

生きる希望を失い自殺まで考えたのだそうです。

33歳で子供二人を抱えて未亡人ともなれば

その心痛は想像を絶するものだったと思います。

スポンサードリンク

 

そんなとき仏教の教えに触れたことで、

心を救われ、苦労しながらもお子さんを育て上げたんですよね。

そうして子育てが一段落した46歳のときに出家されて、

2003年、私財を投げ打って伊豆・天城高原に

「サンガ天城」を2年かけて建設されました。

 

悩める女性のための駆け込み寺として

多くの人たちの悩みや相談に応えています。

サンガ天城は静岡県伊豆市にありますが、

今は、たくさんの人が訪れた為、

住所は載せていませんが・・・

あの歌にもある天城越えの天城ですが、

お寺を訪れた女性は500人以上で、

DVや虐待などに遭ったことでうつ病や

摂食障害、依存症などに陥るなど、

さまざまな悩みを抱えた女性たちが訪れます。

 

戸澤さんはそんな悩める女性たちを

自立の道に導いてるんですよね。

基本的に滞在期間の制限はありませんし、

食費のみ自己負担で共同生活を送り、

その中で自立の道を探していきます。

山の中の寺内には温泉もあるそうで、

ゆっくりと心も体も癒される環境にあるんですね。

毎日寄せられるメールに対して一人一人に戸澤さんが

直接返信されているので、夜遅くまで、

寝る間も惜しんで答えているそうです。

 

ちなみに、本も出版されていて、

著書に『あなたが生きている理由』

『一人で悩まないで!』があります。

スポンサードリンク

 

名前のサンガとは「善き友」の集う場所、

道を求める人の集う場所という意味で、

生きることに悩める女性が元気になれるように名付けたそうですよ。

 

ここで、戸澤さんの著書から、

★終戦直後の満州でも命拾いをして

 自殺をしようとしたときも間一髪で救われた。

 生きるとはどういうことかを教えられて、

 救って頂いた命なの。

 救われたことをお返しできるのは、

 人さまのために手をさしのべること。

 

★昔はね、困った人が逃げ込める

 駆け込み寺がどこにでもあったのよ。

 お葬式や法事だけでなくて、

 苦しむ人に向き合って

 安心を与えることが出家者の務め。

 

★生きていれば

 苦労があるのはあたりまえ。

 そんなときこそ心を使わなくちゃ。

 自分を救うのは自分でしかないんです。

 

★電車に乗ってもお店に入っても、

 とにかくみんな

 携帯なんかを見てるでしょう。

 便利だけれど、

 あれは情報を得るためのもの。

 周りには、人や木や花や虫や、

 生きとし生けるものがたくさんある

 

★人には、苦しみに

 耐えられる力があります。

 でも、命を失いたいほどに

 苦しいことは捨てればいい。

 捨てるということは、許すこと。

 この世はたくさんの

 悩みや苦しみに溢れています。

 ジタバタしてもいいし、

 泣いてもいいの。

 この世の苦を見つめて

 生きることができたら、

 きっと心が変わってくれる。

 

本当に、苦労されてる方の言葉ってありがたいと思います。

サンガ天城の住所や電話番号は、戸澤さんのご負担になりますので、

控えさせていただきますが、小料理屋のおふくろの味おばんざいは、

東京都大田区山王2-2-15  TEL090-3131-4350
火 – 土:17:00 – 23:30になります。

飲み物は各種日本酒、各種焼酎、ビール、ハイボールなどがあり、

飲み物すべて 500円とワンコインですので、お近くの方は、

是非足を運んでみて下さいね。

息子さんがいらっしゃるそうですよ。

それでは、みなさんが少しでも開運に導かれますように・・・

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)