生霊と悪霊って

みなさん、生霊と悪霊の違いってわかりますか。

人間生きていれば、いろんな人を、恨んだり、憎んだり、

嫉妬したり、していまいますよね。

この負の感情のマイナスの念が、知らないうちに、

相手に憑くのが、生霊です。

でも、簡単に、相手に飛んでいくわけではなく、

よほど一方的に強く思わないと、相手に飛んで行かないんですよね。

でも、飛ばした自分もマイナスになり、疲れるんですけどね。。。

もし、生霊が、相手についた場合は、ほとんどの人が、

不眠症のような症状になります。

一方的な勘違いでの恨みや、ストーカーになるような人が、

生霊を飛ばしているような気がします。

もし、自分の体調が、思うようにいかなくなったり、だるかったり、

不眠症になったり、仕事にまで、影響を及ぼすようならば、

可能性がありますので、あら塩を、肩にこすりつけたり、

お風呂にあら塩を入れて入ったりと、清めてほしいと思います。

お寺や神社でのお祓いも効果的だと思いますよ。

スポンサードリンク

悪霊についてですが、

 

強い念が残ったまま肉体が無くなると、悪霊になります。

悪霊にも、種類があるんですけど、浮遊霊の場合は、一番多いんですけど、

ただ、好きな場所を浮遊しているだけなので、取りつかれても、

霊障はほとんどありません。

 

怖いのは、地縛霊で、その土地に縛られている悪霊です。

一番は、その場所で無念で亡くなったりした霊なんですけど、

地縛霊に取り憑かれた場合は、霊障も大きいです。

あと、他に因縁霊というのもあり、この因縁霊は、

ご先祖様が行った悪行を恨み、その家系に災いをもたらす霊です。

 

この場合、家系が途絶えるように、結婚してもすぐ離婚させたり、

子供を早死にさせたり、借金をさせたりと、本当に霊障も強いです。

 

自殺霊というのもありますが、自殺する事が大きな罪なので、

成仏するのは、本当に難しいですし、可愛そうと情を持てば、

ついてくるので、気を付けましょうね。

 

この悪霊の中にも、じつは、生霊も含まれるんですよね。

よく、動物霊っていうのも、聞いたことがあるかも知れませんが、

この動物霊とは、動物が亡くなって悪霊になるわけではなく、

様々な悪霊が、組み合わさり、異形の霊になるので、動物霊なんですよね。

でも、動物霊のほとんどが、お稲荷さんの狐や、

念の強い蛇と言われてるんですけどね。

この蛇の念の強さから、古来の日本では、蛇をトグロにして、

神様に、供えていたんですよ。

その名残が、お正月にお供えする、鏡餅とも言われています。

 

とにかく、悪霊は生霊も利用するので、人から恨まれる生き方を、

してる人は、絶対に幸せにはなれません。

なので、人に優しくし、感謝をされれば、それが、巡り巡って、

自分にプラスで、かえってきますし、魂の徳にもつながるので、

感謝されるように、生きましょうね。

 

でもなかなか、自分勝手な人や、気をつかえない人、礼儀をしらない人、

感謝の気持ちがない人、いろんな人がいるので、難しいんですけどね。

それも、一つの修行だと、思って、乗り越えていきましょうね。

言っても気付かない人は、ほっときましょう。

こっちが、疲れるだけですので・・・

人それぞれ、魂のレベル(生まれ変わりの回数)が違うので、

しょうがないんですけどね。

少しでも、皆様の開運の参考になればと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)