土公神と土用と三宝荒神

今日は、土公神について、ちょっと説明したいと思います。

なかなか一般的には、知られていないと思いますが、

土公神(どくしん・どこうしん)は、陰陽道における神で

土をつかさどるとされています。

仏教における堅牢地神(けんろうちしん=地天)と同体とされ

地域によっては土公様(どこうさま)とも呼ばれています。

いろいろな場所に祀られているので、見たことがある方も多いと思います。

仏教における神仏習合思想では、普賢菩薩(ふげんぼさつ)

の化身ともされています。

この普賢菩薩は、釈迦如来の脇侍(きょうじ)として、

祀られていますし、真理を究めて悟りを求めようという

心の象徴とされ、賢者のような神様です。

 

もう一つは、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)ですが、

一般的な知恵(頭の良さや知識が優れること)の象徴で、

これが後に、三人寄れば文殊の智恵、ということわざを生みました。

三体で釈迦三尊(しゃかさんぞん)として、良く祀られています。

ちなみに、左が普賢菩薩で右が文殊菩薩です。

話がそれましたが、土をつかさどる土公神は、季節によって

遊行するとされ、春はかまど(2月~4月)

夏は門(5月~7月)秋は井戸(8月~10月)

冬は庭(11月~1月)にいるとされてきました。

 

遊行している季節ごとにかまどや門、井戸、庭に関して、

土を動かす工事を行うと土公神の怒りをかい、祟りがあるといいます。

また、土公神はかまどの神(かまど神)ともされ、

かまどにまつり朝晩に灯明を捧げる事と言われてます。

この神は、不浄を嫌い、刃物をかまどに向けてはならないともされます。

 

井戸がある家は、今は少ないと思いますが、本当に処分の仕方には、

気を付けて頂きたいと思います。

間違えると、大変な災いが起きますので・・・

井戸の周りを、お札で、囲み、井戸に蓋をして、

ご祈祷が必要になります。

 

この土公神はあまり気にしない人も多いと思いますが、

大きい工事や土を動かす際の参考になればと思います。

そんなに、土を掘ることは、ないでしょうが・・・

 

昔の人が、その土地に祀ってあった、ご神体を、

土に埋めた場合に、知らずに、その上に家を建てると、

災いが起きるために、地鎮祭を行ったり土公神を祀ったりしたんですよね。

 

土の事では、土用の丑の日などありますが、これは、五行の暦の節により、

(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつなんですけど、

夏の土用の丑の日にウナギを食べるのが習慣になっていますよね。

五行では、春に木気、夏に火気、秋に金気、冬に水気を割り当てていますが、

残った土気は季節の変わり目に割り当てられ、これを土用と呼んだんですよね。

土用の間は、土の気が盛んになるとして、土を動かしたり、

穴掘り等の土を犯す作業や殺生が忌まれました。

ただし、土用に入る前に着工して土用中も作業を続けることは

差し支えないとされ、これを土用の間日(まび)と言います。

建築関係の人でも、気にしない人もいると思いますけどね。

 

他にもかまど神として、日本特有の三宝荒神(さんぽうこうじん)

という神様もいます。

仏法僧の三宝を守護し、不浄を厭離(おんり)する仏神ですが、

文殊菩薩と同体とされたり、普賢菩薩と習合したりと、

ちょっとややこしいんですけどね。

ちなみに、この荒神を祀る寺院や神社は日本全国に約300社

あるんですよね。

仏教と神道、密教と山岳信仰、様々なものの信仰の対象に

なっていますが、昔からの先人の知恵として、

今後も大切にしなければいけない文化だと思っています。

それでは、少しでも皆様に開運が訪れますように・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)