特別祈祷

みなさん、こんにちは、今日は個人的な事なんですが、

私が毎年参加させて頂いている、東京のお寺の行事(特別祈祷)

について書きたいと思います。

このお寺ですが、知る人ぞ知る日蓮宗のお寺で、渡辺謙さんや

相撲の白鵬さんや元巨人軍の原監督、その他、落語家の方や

政治家など、本当に様々な方が来ています。

本来は、良い時でも、悪い時でも、足を運ぶことで

ご利益があるんですけど、実際、順調になると、

お寺に来なくなっちゃうんですよね。

原監督は、監督を辞めてから来なくなり、

不倫問題が出てしまいましたし、

渡辺謙さんも、来なくなったと思ったら、

不倫問題が出たので・・・

過去には、総理大臣も来られて、住職様から、

助言をしてもらったりしていたそうです。

 

日蓮宗にも、本当に様々な種類がありますが、

中には、新興宗教に利用された宗派があったりと、

一般の方を惑わせる事になり、本当に残念ですが・・・

スポンサードリンク

 

私がいっているお寺の毎年2月に行う行事とは、

三宝荒神特別祈祷になり、他の日蓮宗のお寺でも行っていない、

日本でもこのお寺でしか行わない特別なご祈祷になるんですよね。

他のお寺の方も、ご祈祷してもらったりしています。

 

前に、日蓮宗の荒行について書きましたが、

この100日荒行(毎年11月1日~2月10日)

を終えられた、各上人と住職様が、一緒に水行肝文を唱えて

水をかぶり、その後は、真剣や木剣を使いお経をあげます。

この特別祈祷では、文字通り特別なお経をあげるのですが、

本当に迫力があるお経になります。

一般の方は、知ることは困難ですけどね。

荒行ですが、最初の100日の行をする方を

初行僧といい、200日目は再行、300日目は参行、400日目が再々行、

500日目が五行になり、それ以降は、参籠(さんろう)と言います。

本来は、500日入らなければ、全てを習得した事

(満行)にはなりません。

でも過酷な行なので、出た方に聞くと、

正直もう入りたくないと思うそうです。

それでも、人々の苦しみを少しでも理解できるように、

再び、信念をもって入ろうとするんですよね。

 

今年は、参篭の方が3名いましたし、

600日の方もいらっしゃいました。

ちなみに住職様は、1000日を超えてますが・・・

今回も、特別祈祷で、水をかぶり、その後ご祈祷の時に、

ロウソクを腕に載せ、火をつけ、燃え尽きるまで

お経をあげるという、まさに、焼身供養になります。

このご祈祷は、密教(呪術)の部類になります。

毎年されているので、腕の皮膚も溶けている状態で、お寺に来られている、

大学病院の元院長先生も、火傷のレベルをみて、もうやらないようにと

言われてますが、それでも、住職様の信念でやられています。

ちなみに住職様は、人を導く指導者として阿闍梨になります。

荒行の時は、正伝師として、入られてました。

 

このご祈祷には、個人の方の開運成就や、身体健全、福禄倍増、除災得幸など

ありますが、ほとんどが、大手の会社関係の商売繁盛、社運隆昌など

運気を上げるものになります。

 

日本全国探しても、ここまでのご祈祷をするお寺はありませんし、

その効果は、売上や数字となり、現れてきますので、

本当に有名な会社の方も来られるんですよね。

テレビの取材もすべて断り、自ら足を運んでくれる方のために

お経をあげてくれるので、檀家さんも、安心なんですよね。

実際有名人や、政界の方も、来られますが、住職様やお弟子さんは、

テレビを見ないので、わからないそうですけど・・・

 

今年も、山万グループの方や、鈴木杏樹さん、遊助さん、

谷原章介さん、 ユースケ・サンタマリアさん等が所属する、

ジャパンミュージックエンターテイメントの方やIT企業の方など、

本当にたくさんの方が参加されました。

 

このご祈祷が終わると、いつものお寺のメンバーでの新年会が

行われるんですけど、私もいつも参加させて頂き、

余興などでは、ブログもやられてます、

津軽三味線日本一の椿正範さんや

民謡歌手としてCDを出された橋本大輝さんや

相撲の高砂部屋からお相撲さんに来ていただき、

相撲甚句を披露して頂いたりと、

本当にいつも楽しく過ごさせて頂いています。

 

お相撲さんが来た時に、住職様が話をされてましたが、

お相撲の、土俵の上にある房の色は、地祭りと関係があるみたいで、

天空の四神を表しているそうです。

青い房は青龍、白い房は白虎、赤い房は朱雀、黒い房は玄武を表し、

さらに力士が入場する際の柏手を打つ行為も神事なんですよね。

日本の国技、大和魂のような、スポーツですが、

残念ながら、最近は、様々な問題などもあり、ちょっと残念ですけど・・・

スポンサードリンク

 

それと、落語家の方や、噺家の三遊亭若円歌さんともご縁ができました。

でも、若円歌さんは、最近見かけないので、話を聞いたら、

胃がんの手術をしていたらしく、その後、転移もあり、

住職様のご祈祷で、 回復され、また、お寺にきて、

元気に司会をされてました。

でも、やっぱり、まだ、調子が悪いみたいです。

寄席の仕事もしているのか、わかりませんけど・・・

このお寺には、私の義理兄もいってますが、

義理兄も、様々なご縁が出来たようです。

それと、お寺に数年前から、来られている、全身に癌が転移した方が、

今年も元気に来られてたので、 本当に驚きました。

お医者さんも、相変わらず、見えない力に驚いているみたいですが・・・

何度も、入院し、手術をし、また、入院を繰り返していて、

骨にも癌が転移している方なんですけどね。

まだ、50代くらいの方だと思うんですけど、毎年行事には、来られています。

他にも、首の骨が折れて、お医者さんに、良くて車いす、悪くて寝たきりと

言われた方が、ご祈祷の見えない力で、立って歩いています。

片足は、少し引きずってますけどね。

その方も、お医者さんが、レントゲンを見て、この状態で、

歩いているのは、理解できないと、首をかしげているそうです。

 

私も、目の前で、現実に見ているので、

本当に見えない力の存在を感じていますし、

少しでも、このサイトが、皆様のお役に立てればと思っています。

最後に、今年頂いた、会社の木札になります。

それでは、個人的な、話になってしまいましたが、

読んで頂いた皆様、本当にありがとうございました。

少しでも、皆様に、開運が訪れますように・・・

スポンサードリンク

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)