六三除けで病気が治る!?

みなさん、仏教のお寺での暦にもよく、掲載されてますが、

六三除(ろくさんよけ)って知ってますか?

簡単に説明すると、年令による身体の部分的な厄除けなんですけど、

九星とも関わりがあり、体内を巡る病の星の動きを表しているんですよね。

六三の事を、無産と言い、活動が停止した部分、弱くなった

部分を除くご祈祷です。これが六三除なんですよね。

 

病院などで、薬の処方を受けていても効果が現れにくかったり、

病気の原因がはっきりしないときは、

この六三に当たっている場合があるんです。

昔から、病院でも原因がわからない病気などを、古神による、

障りだとし、ご祈祷で、回復に導くんですけど、

この六三を見分けるには、その人の数え年を、9でわり、

あまった数字でみます。

割り切れた時は余りを9とします。

数え年は、満年齢に1才加えた数なので、

満年齢の0才は数え1才となります。

余りの数に対する場所は男性と女性と共通しているのは、

9が頭で、4がお腹で、8が股間です。

男性は、5が右肩で、7が左肩ですが、女性は逆になります。

それと、男性の6が右腰で、2が左腰で、これも、女性は、逆になります。

最後に、男性の1が右足で、3が左足で、これも、女性は逆になります。

たとえば、今年の誕生日で、20歳になる人は、数えの21歳なので、

9で割ると、21÷9=2あまり3なので、男性なら、左足で、女性なら右足です。

もし、この場所が、悪くなり、病院でも、原因がわからない場合は、

六三除けの障りになるんですよね。

 

よく、出産の時期にお腹の周辺(2・6・8)が

六三に当たっている場合は、六三除をすることで、

出産が軽くなるとも言われていますが・・・

 

それと、個人でやる場合は、八つ手の葉をつかい病の場所に毎日あてて、

葉が枯れたら、赤い糸を茎に7回まき、干してから、細かく切って、

燃やし、灰にします。それを、午前中に、

(わが身をさまたげる古神や、ここ立ち去れや、千代ら、見よらん)

と3回唱えながら、神社の木の根元にうめると、治るそうですが

このような、まじないは、正直試したことがないので、確信はありません。

それに、個人でやる場合は、手間もかかりますので、一番は、

信頼できる神社やお寺の住職様に、見てもらって、

ご祈祷してもらうのが、最善の方法だと思います。

ただし、きちんとご祈祷できるかは、

そのお寺のお坊さんの力にもよるんですけどね。

スポンサードリンク

昔の人は、病院よりも、イタコさんを頼った時代もありました。

 

夜泣きの子供を静かにさせる、まじないや、肩こり(憑かれてる)を

治すまじないなどを、本にまとめたり、してました。

でも現代科学が進歩し、時代とともに、なくなってきてますが・・・

実際、私のご先祖様のイタコさんが、まとめた本も、

今はなくなってしまいましたし。。。

昔、よく亡き母が、何かあると、イタコさんのところへ行き、

その通りにすると、不思議と、物事が良くなったと言ってましたが、

それでも、当たるも八卦、当たらぬも八卦と言うように、

お金儲けのために、騙す人も現実には、いたので、衰退したんでしょうね。

青森でも、イタコさんを継ぐ人も、減っているみたいですしね。

 

人それぞれ、信じる信じないがあるとは思いますが、

どんな方法でも、その人が治る事が、大切だと、思ってるので、

個人的には、あらゆる、方法を、模索しても、いいと思います。

あと、お百度参りや、護符をつかった、おまじないなどが、あります。

お守りも、中にまじないの文字が書いてありますしね。

 

基本、お守りは、紙の場合は、一年で、木のお守りは、

一生とも言われてますが、新しい年が変わるたびに、

交換する気持ちが、大切なのかもしれませんね。

病院で、どうしても病気の原因がわからない時は、

参考にしてみてほしいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)