仏様の種類・明王について

みなさん、こんにちは、今まで、仏様の種類で、

如来、菩薩と説明してきましたが、今回は、

明王について書きたいと思います。

明王と聞いて、真っ先に思い浮かべるくらい有名なのが、

不動明王だと思います。

最近は、子供向けのアニメ、妖怪ウォッチ

シャドウサイドにも出てきますよね。

 

☆不動明王(ふどうみょうおう)

不動明王は明王の中でも、代表的なもので、インドのシヴァ神が

仏教にとりいれられて不動明王になりました。

密教特有の尊格である明王の一尊で、大日如来の化身とも言われています。

五大明王の中心となる明王なんですよね。

険しい顔をしているのは、仏教に敵対するものを、戒めるために、

怖い顔をしています。

 

インド読みは、アチャラナータといい真言は

ナウマク・サマンダバザラダン・カンです。

高野山南院の不動明王の像は弘法大師 

空海が中国から持ってきたらしいですよ。

関東では占い師が列をなす、成田山の新勝寺が有名ですよね~

八大童子と呼ばれる使者をしたがえ、

右手に降魔の剣 左手に綱をもってます。

それと天台宗の荒行、千日回峰行では必ず、

不動明王の真言を唱えるみたいです。

お祓いには非常に効果を持っている神様だと思いますので、

不動明王が祀ってあるお寺に行った時は、

手を合わせて頂きたいと思います。

 

☆金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)

40歳をこえないと、絶対に伝授されない秘法とされていますが、

過去・現在・未来の悪と欲を、のみつくし全ての不浄物や煩悩を

食い尽くす神様とされています。

インドでは、ジラヤキシャと呼ばれ真言は、

オン・バザラヤキシャ・ウンです。

 

特徴は顔が3つあり正面の顔には目が5つあります。

古代インド神話においては、人を襲っては喰らう恐るべき

魔神(夜叉)だったんですが、後に大日如来の威徳によって

善に目覚め、仏教の守護神五大明王の一角を占める仏となったんですよね。

ちなみに真言を1080回唱えれば、人に尊敬され、愛され、

全てのものが隋順すると言われています。

私も人に尊敬され愛される、人間になりたいものです。

スポンサードリンク

 

☆軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)

他の明王と同様に、強い力をもち、阿修羅や悪鬼などの

全てのものから人間を守護し、障害を取り除くとされている神様です。

インド読みはグンダリで、真言は、

オン・アミリティ・ウン・パッタです。

特徴は、複数の頭や腕で首や手足に、執念を象徴する

赤い蛇がまとわりついてます。

 

蛇と言えば、神社や、お墓で、きれいな蛇を見かけたら、

必ず、殺さないでくださいね。

その場所を守っている蛇なので・・・

昔は、蛇は体にいいと食べる人も多くいましたが、

使いの蛇を殺したり食べる人は、黒い爪が生えてくるので、

気を付けて下さいね。

それと、蛇の障りは、爪が変形しますので・・・

食事の時に、軍荼利明王に食べ物を供え

心の中で7回真言を唱えると、守ってくれるそうですよ。

 

☆愛染明王(あいぜんみょうおう)

字のとおり、人間の愛欲を仏の悟りにかえる神様です。

恋愛成就だけではなく染物屋の守護神にも祀られています。

インド読みはラーガで真言は 

オン・マカラギャ・バゾロウシュニシャ・バザラサトバ・

ジャク・ウン・バクです。

ちょっと長いですよね。。。

 

姿は赤く六本の腕をもち獅子の冠をしています。

人間には必ずいろんな欲がありますし、その欲で頑張れたりする

場合もあるので、欲が悪い事とは思いませんが、

欲にこだわりすぎると、見えるものも見えなくなるので、

注意が必要なのかもしれませんね。

 

☆降三世明王(こうざんぜみょうおう)

悪徳をねじ伏せる強力な呪力をもった神様で

強情な人々を仏道に入らせるために、

すごい形相をしています。

インドではソバニといい、真言はオン・ソンバ・ニソンバ・

ウン・バザラ・ウンパッタです。

 

降三世とは、字の通り過去・現在・未来をあらわしていて、

善根を害する貪欲・瞋恚(怒り)・愚痴(おろかさ)の

三毒をはらう意味があります。

修法のなかには、この神様をつかい、悪人を殺したり、

不倫を白状させるために、利用したりするそうですよ。

今はやってないと思いますが・・・

 

☆孔雀明王(くじゃくみょうおう)

前にも記事で書いたと思いますが、修験道の開祖 役小角が体得した

本尊で他の明王と違い武器ももたず、蓮華や孔雀の羽をまとい

優美な姿をしています。

インド読みはマユリで真言はオン・マユ・ラ・キランデイ・ソワカです。

孔雀明王は実在した僧で、毒に侵され亡くなっているので、

全ての諸毒や災難を取り除く神様として、祀られてきました。 

空海の密教では釈迦如来と同じとされています。

 

この真言を唱えると、若返りや延命などの効果がるとされていますが・・・

そういえば、今昔物語などにもでてきますよね。

今昔物語で役小角は体得した術で鬼神をあやつり、空も飛んだとされてますが、

どこまで本当かわかりませんが、それぐらいすごい人物だったんでしょうね。

スポンサードリンク

 

☆鳥枢沙摩明王(うすさまみょうおう)

昔から不浄除けの神様として寺院などの手洗所などに祀られ

厠(かわや)の守護神とされてきました。

トイレの神様です。

金剛夜叉明王は心の不浄を、この鳥枢沙摩明王は物の不浄を

取り除くとされています。

インド読みではウッチュシュマと言い真言は、

オン・シュリ・マリ・ママリ・マリ・シュリ・ソワカです。

 

この神様の特徴は変成男子の法という秘法を持ち

体内に宿った女の子を生まれる前に男の子に変成させるもので、

昔は後継ぎがほしい貴族の間でこの秘法がはやったそうです。

ちなみにご利益は、祟り除け、相愛、智恵増大、安産です。

でも産み分けは、行を積んだお坊さんだとわかりますし、

この開運成就でも、説明させて頂きました。

 

 

☆太元帥明王(だいげんすいみょうおう)

この太元帥明王は全ての明王の総師とされていて、もつ徳が広大で、

一人の願いを成就するというより、国家鎮護や大誓願の時の秘法として

代々伝わってきました。

昔の海軍や陸軍の総師を大元帥と読んだのも、

この神様からきているそうです。

 

旧日本国憲法では天皇を大元帥と呼んでいたそうですし・・・

明王の最高尊である不動明王に匹敵する霊験を有しています。

この秘法大元帥法があらわれるのは、平将門の乱の時と

元寇の役の時に国家鎮護を願い使われたそうです。

顔は明王の中でも一番恐ろしい顔をしてます。

インド読みはアタバクで真言は長いんですけど、

アシヤアシヤ・ムニムニ・マカムニムニ・オウニキウキウ・

ムカナカキウキウ・ トカナチコ・メカナチタナチ・アタアタ・

ナタナタ・リウツ・リウツ・キウキウツル・ キニキニキニ・

イリマリマ・クマ・クマ・キリキリキリ・キリ・ニリ・ニリ・

マカリニソバカ です。

 

まさに絶大な呪力をもつ大秘法の本尊です。

このご利益は絶大らしいので、唱えてみる価値はあると思いますよ。

それでは明王最後の太元帥明王を終わります。

 

☆大威徳明王(だいいとくみょうおう)

仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格で、

五大明王のなかで 西方の守護者とされています。

大威徳明王は阿弥陀如来(自性輪身)、文殊菩薩(正法輪身)に対応する

教令輪身で、阿弥陀・文殊が人々を教え導くために

恐ろしげな姿をとったものとされています。

日本では、大威徳明王は六面六臂六脚で、神の使いである

水牛にまたがっている姿で表現されているんですよね。

脚が多数ある仏尊は他にほとんどないので、

すぐわかる特徴になっています。

6つの顔は六道(地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界、人間界、天上界)を

くまなく見渡す役目を表現したもので、6つの腕は矛や長剣等の武器を

把持して法を守護し、6本の足は六波羅蜜、

(布施、自戒、忍辱、精進、禅定、智慧)を怠らず歩み続ける

決意を表していると言われていて、本当に、強烈な明王ですよね。

また、学問の神様とされる、菅原道真の御霊(ごりょう)に

「日本太政威徳天」の神号が追贈されていますが、

これは御霊の威力を大威徳明王に

習合させたものであるとされています。

 

最後に、五大明王をわかりやすく載せますね。

中央=不動明王=大日如来の教令輪身
東方=降三世明王=阿閦如来の教令輪身
南方=軍荼利明王=宝生如来の教令輪身
西方=大威徳明王=阿弥陀如来の教令輪身
北方=金剛夜叉明王(東密系、不空成就如来の教令輪身)

または烏枢沙摩明王(台密系)

教令輪身(きょうりょうりんしん)とは、三輪身(さんりんしん)の一つで、

密教において、如来が教導すべき対象である衆生の性質に合わせて

三種の姿を取るとする考え方なんですが、

本来の姿である自性輪身(じしょうりんしん)

正しい法を護るために菩薩の姿をとる正法輪身(しょうぼうりんしん)

導き難い相手に対して忿怒尊の姿をとる教令輪身(きょうりょうりんしん)

があるんですよね。

 

なんか、神様の、表の部分と裏の部分のような気がしますよね。

人間も、必ず、光と影があるので・・・

人が育つには、飴と鞭、厳しい父と許す母で、

まっすぐ育つのかもしれませんね。

難しいと思いますが、バランスが大切なような気がします。

それでは、少しでも皆さんが開運に導かれますように・・・

スポンサードリンク

☆☆ブログランキングへの登録、始めました ☆☆

こちらの「ブログランキング」を

クリックして頂けますと、とても嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、頑張りたいと思います。m(__)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)